最新の 秋酒情報です。

〆張鶴 (新潟県 村上市)

純米吟醸 越淡麗
〆張鶴では珍しい、希少な 限定酒です!

越淡麗とは、米の名前です。
日本酒造りの代表的なお米は、丹波篠山でつくられる山田錦というお米。
この山田錦を母に。
新潟の酒造りに使われている 五百万石(ごひゃくまんごく)というお米を父に。
そこで生まれたのが、この 越淡麗(こしたんれい)というお米です。

その越淡麗でできた 秋の酒は

おだやかな薫りで
ふくらむ味わいです。これは母(山田錦)からきているのかな?
しかし、飲み込んだあとはしっかりとキレるんです。
ここは、父親(五百万石)ゆずりなのかも?

「ふくらむ味わいで、しっかりとキレる」
で、秋の夜長をお楽しみください。

1800ml 3,758円(税込み)
720ml 1,903円(税込み)

ゆきつばき (新潟県 加茂市)
純米吟醸原酒 ひやおろし


こちらも 越淡麗で造りました。

香り華やかで
濃醇な やや甘口の
まろやかな旨味が特徴です。

脂ののった魚や、豚肉料理なんかに
ぴったりではないかと思っています。

1800ml 2,948円(税込み)
720ml 1,468円(税込み)

久保田の蔵元の
純米吟醸 ひやおろし


ひと夏越えて ゆっくり熟成した
まろやかさと
円熟した味わいが
とても心地よく仕上がっています。

湯豆腐を ふ~ ふ~ やりながら
のんびりとしてみたいもです。

720ml 1512円(税込み)

久保田の蔵の
吟醸 ひやおろし


おだやかな香りと
熟成感
そして、しっかりキレるのが特徴。

焼き鳥に七味を軽くふって
楽しんだり

うなぎのかば焼きと一緒に飲んで
夏の疲れをとってみたいと思いました。

720ml 1339円(税込み

2016年9月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま