こんにちは
こんなデザインのお酒が入荷してきました。

Processed with MOLDIV

「もう びっくり!」です。

日本酒のラベルとは思えないデザイン
お酒の名前も「サバイバル」
なんでも 「生き抜く力」がみなぎるお酒なんだそうです。

「迷彩柄」をベースしたインスタ映えするラベル。

米は「玉苗」といい、山形県で4番目に登録されたお米で

今なお酒米として現役で活躍し続けていることから
まさにサバイバルな米。

味わいは

ジューシーなうま味が魅力の純米大吟醸です

栄光冨士 サバイバル
純米大吟醸無濾過生

720ml 1,799円(税込)

2019年7月16日 | カテゴリー : 商品情報 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

山梨の笹一さんがつくるワインを仕入れました

 

OLIFANT KOSHU
甲州シュール・リー

うま味 & フレッシュ 辛口
笹一酒造さんが地元のぶどうを使って造っているワインです。
山梨県産甲州を100%使用
青リンゴや洋梨を連想させるフレッシュな果実の香りを感じます。

なめらかな美味とミネラル感が心地いいのです。
シュール・リーという製法を行うことで実現した
うま味 と フレッシュさが
楽しめる辛口タイプのワインです
OLIFANTとは酒の神バッカスが手にしていた角笛が由来です。

シュール・リーとはフランス語で「澱の上」という意味。この製法は透明なワインが澱の上にある状態で静置しておく方法です。

750ml 2,160円(税込)

———————————

OLIFANT MUSCAT BAILEY A

マスカット・ベーリーA ロゼ 樽発酵
とってもきれいな色あいです。
チャーミングな やや辛口
近年、世界中で人気を集めているといわれるロゼワイン。色だけでなく味わいもとっても素敵です。

山梨産マスカット・ベーリーA 100%
優しくスマートな印象で心地よい甘みと清々しい酸味のバランス
後半にかけてタンニン(渋み)が穏やかに広がり、全体的にバランスの良いチャーミングなやや辛口タイプのロゼワインです。

750ml 2,700円(税込)

———————————

OLIFANT MUSCAT BAILEY A
BARREL AGED

マスカット・ベーリーA樽熟成
チャーミングな ライトボディの赤

山梨県産マスカット・ベーリーA 100%使用
豊かな甘みにさわやかな酸味がとても優美な印象です。
タンニンは軽いが緻密さがあり、フレッシュなチェリーなどの赤系果実がやさしく香ります。
全体的にとてもクリーンでバランス感の良いライトボディの赤です。

750ml 2,160円(税込)

———————————

OLIFANT SYRAH
BARREL AGED

スパイシーな 本格ミディアム 赤
山梨県中央市豊富地区にある自社農園のシラーを100%使用。

程よい甘みと爽やかな酸味わいも味わいをリードしていきます。タンニンとアルコールが心地よく、スパイシーさとチャーミングさを兼ね備えたフレッシュなミディアムボディの赤ワインです。

750ml 2,700円(税込)

———————————

2019年7月3日 | カテゴリー : 商品情報 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

山梨県笹子にあります 笹一酒造さんに行ってきました。

大月駅まで車で迎えにきてくださり
途中、田んぼを見せてくださいました。

ここでは、夢山水というお米を栽培しています。

笹一さんの“夢山水”は100%自社栽培。ということは米作りからはじまる酒造り。
まるで、フランスのシャトーやドメーヌのような造り方なんですね。

仕込み水となる水は 富士山からの伏流水
笹一さんのあるとことから出る地下水は、超軟水でまろやかな水。

その昔、明治天皇が京都へ行かれる際この水を持参していったということから“御前水”といわれています。


この“御前水”で仕込むのが 清酒 笹一です。

蔵を見せていただきました。
とてもきれいで清潔な雰囲気の蔵です。
行き届いているんですね。

麹室は、ステンレス壁の部屋が3つと、昔ながらの木の部屋がひとつ


なんと4つの室があるんですね。びっくりです。

衛生面からいったら、ステンレスの方がいいと。しかし、木の部屋では湿気を吸ってくれたりしてとても かわいた麹ができると 造りやすいとおっしゃっていました。

少量の大吟醸は、この木の室でつくるそうです。

造りは小さなタンクで おこなっている

検査室では、3種類の夢山水をテイスティングさせていただきました。

精米歩合 45%  モチ、ライチ、クリーム 甘み うま味がしっかりでているけど、爽やかな酸があとあじすっきりさせてくれます。

精米歩合 55%
少し洋梨、少バナナ、黄色いリンゴ
つきたてモチ、白玉団子、投入、クリーム、バター 火入れ まろやかなうま味と、後半少しビターな感じ GFのようなビターな感じががとっても心地よいです。先日試飲見本でいただいた無濾過の時と違ってやさしい味わいになっていました。

精米歩合 60%
GF シトラス モチ、白玉、豆乳
おだやかな甘みと しっかりとしたうま味
なめらかな酸と ビター感が心地いい
味わいは一番しっかりしている 後半スッキリ
アフターフレーバーに マスカットのようなさわやかな果実味を感じます。

私は、これが一番気に入っています。

45%精米のものは、ラベルも発売もまだ決まっていないというシークレットなお酒。そんなお酒をテイスティングできたことにとてもうれしく思います。

自社で育てた米でつくった 夢山水
これかも、応援してゆきたいと思います。

蔵に行くたびに思うんですが、やっぱり行かなくっちゃわからないことがたくさんあるんだということです。 蔵に行き、その場にいてじっくり話を聞くことで蔵の思いが伝わります、
そこでいただくお酒は、また格別の味に感じます。

“百聞は一見にしかず。百見は一体験にしかず”
という言葉を船井幸雄さんの本から知りました。

まさに、このことですね。
「一体験」

この重要性をあらためて感じました。

笹一酒造さん
おいそがしいところ、ありがとうございました。

2019年7月2日 | カテゴリー : 伝えたいこと | 投稿者 : 酒屋の あさひやま