昨夜、2つのお酒をテイスティングしてみました

小山のお酒
雄東 あらばしり 純米吟醸

うすくにごっていて、おいしそう
みずみずしい香りがしてきます
みずみずしい梨ですかね

うすにごり というので、ぴちぴちしたGas感を想像したんですけど
それはなく、上品な甘みが広がってきます。
その後、なめらかな酸味を感じ爽やかな苦みが心地よくひきしめてくれます。

上品でエレガントな味わい

そんな あらばしり のうすにごりです。

—————————-

志太泉 無濾過 おりがらみ

静岡県藤枝市のお酒です

マスカットのようなフレッシュな香りを感じます

味わいの第一印象は、しっかりした味わいでインパクトを強く感じました

ふくよかな甘みのあと、なめれかな酸味、そしてコクある苦みを感じます
とってもバランスの良い味わいです

そですね、バターを使った洋食などにも対応できそうな味わいですので
洋風のおせちなんかにぴったりかと思います。

ローストビーフ、唐揚げ、ホワイトソースなどと合わせてみてくださいね。

2019年12月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

にゃんかっぷ

に~ゃ~ん(=^・^=)と可愛い
にゃんカップが入荷しました

静岡県藤枝市の志太泉さんのカップ酒です

カップ酒という ”ワンカップ”というイメージ
これは大関さんのカップ酒の名前で
あまりにも有名なので
ついついカップ酒が欲しい時なんか
「ワンカップひつつね」
などとついついいってしまいます。

ワン に対して にゃん

かわいい響でしょう?

犬派のワンに対して
猫派の我が家では こっちのほうが
いい感じです

しかも

し か も

カップ酒なのに

純米酒 と 純米吟醸 なんです。

今日 入荷したところなので
今夜、試してみます

あらためて、感想を報告したいと存じます

志太泉 にゃんかっぷ

では では ・・・

※法律により未成年の飲酒は禁止されています。

2019年11月30日 | カテゴリー : 商品情報 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

おはずかしい話です

はじめて飲みました
八海山 青越後 2年貯蔵

本数が少ないため
毎年 自分でのむ分が確保できなかったのです

今年は、思い切って
栓を開けてみました

2年貯蔵

とっても 響きがいいです

色合いは 無色というよりは
ほんのり 黄色を かすかに 感じます

ほんのり とか かすかに とか
重ねてしまって 日本語になってませんね・・・

香りは、甘やかに感じます
蜜っぽい というか
そうですね、かりん とか 蜜りんご とか
それと輝いた感じをうけますので
つきたての餅ですかね
それと、ほんのりバターを感じます

味わいのファーストインパクトは
パワフルな印象です

やっぱり アルコール19%という
度数からくるからでしょうか?

パワフルでありながらも
しだいに まろやかな甘みを感じ
そのあと爽やかな酸味と
ここちのいい苦みを感じ
しっかりとしめてくれます

とても個性が強いのですが
あと引く
お酒です

八海山 青越後 2年貯蔵

おもいきって開けてみて
よかったです

岩手県から岩手銘醸さんが

どぶろく の『とらまづ』を持ってきてくださいました。

今年のは、いつもより さらり としててフレッシュです!

法律により、未成年の飲酒は禁止されています。

2019年11月15日 | カテゴリー : 商品情報 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

ぱっ パっ Pa パルミジャーノ・レッジャーノ

妻がスーパーマーケットで

パルミジャーノ・レッジャーノ

というチーズを買ってきてくれました。

 

なんか、舌をかみそうな名前ですが

 

コクがあって 美味しいチーズです。

 

このコクが、燗酒にぴったりだったんです。

 

これは、おつたえしなければ!

 

と、思いブログに書きました。

 

パルミジャーノ・レッジャーノ & 燗酒

 

ぴったりのコンビです。

Book Road シードル

昨日は ブックロードさんの
シードルを飲みました。

シードルとは、ぶどう ではなく
リンゴを発酵させて造ったものです。

開栓すると
甘やかな りんごの香りがただよってきます。

とっても いい感じ。

口にふくんでみると
舌先に、きめ細かくフレッシュな泡があたります。

そうなんです
スパークリンなんです。

そのあと
爽やかさが口中にひろがり
フレッシュで DRYな味わいがとってもいいです。

香りからは、甘いかな?

などと連想してしまいましたが

さっぱりとした辛口で
とっても美味でした。

これは、美味しい。

乾杯だけではなく
食事にぴったりの
シードルでした。

志太泉

商品のお知らせです。

静岡のお酒 志太泉さんが入荷してきます。

志太泉さんは、静岡県藤枝市の蔵元さん。

名のごとく「志し太く泉のように湧き立つ酒を造りたいという願いを込めて「志太泉」と命名したと伝えられているそうです。

 

お酒の個性は、

仕込み水のやわらかさを活かした、立ち香と含み香で落ち着いた上品な香りがあり、爽やかで飲みやすく、複雑なうま味があり、後半のキレのよい酒で、

冷たくても温かくても心地よく飲める酒ですのでいろんな場面で楽しんでいただけそうです。

 

当店で扱うのは

 

清流のように、クリアーできれいな味わいで すっきりとした辛口の

志太泉 純米酒

 

上品で丸みのある味わいで

後半みずみずしいフレッシュな

志太泉 純米吟醸55藤枝誉富士

 

生酛づくりのイメージを変えるモダンな酒質を目指している興味深い

志太泉 純米吟醸 ラヂオ正宗

 

の3種類です。

 

詳しい情報は、また改めてお届けいたします。

地元のTVさんに取材していただきました

”魅つけて 川口戸田”

という番組でご紹介いただくということで

9時から撮影の方々がきてくださいました。

 

緊張しながらのコメントだったんですが

 

スタッフの人たちのきびきびとした動き

手際のよさ

レポーターの美しさ

など

どれをとっても私の眼には

「かっこいい!」

と思いました。

 

9時から 午後2時ころまでかかって

いろんな画像を撮っていただきました。

 

これを持ちかえられ編集に移るんだそうです。

 

撮影だけでも たいへんな仕事と思うのですが

編集などは、もっともっとたいへんなんだろうな!

 

ひとつの作品を作り上げるということは

たいへんな仕事なんだろうな

 

と、あらためて思いました。

 

スタッフのみなさん

きょう一日、ありがとうございました。

そして、お疲れさまでした。

 

 

東京の御徒町から

ワン醸造所 Book Roadさんが来てくださいました。

 

今回テイスティングさせていただいたワインは

ふたつ

 

左側の アジロン と 富士の夢(右)です。

Processed with MOLDIV

アジロンは鮮やかで明るい色をしています。

香りは、イチゴキャンディをおもわせるような

とってもチャーミングな感じです。

甘いかな? などと思いながら口に含んでみると

とっても爽やかですっきりとしています。

香りはチャーミング、味わいさっぱり辛口

ということでずっと飲んでいられる味わいです。

 

右側は、富士の夢というぶどう。

メルロと 山葡萄をかけ合わせて造った葡萄です。

色がとっても濃く、黒を感じさせてくれる赤いワインです。

味わいもしっかりとしてて

とってもいい感じです。

この色あいから想像できるように

ポリフェノールたっぷりの赤ワインです。

 

11月 になったら仕入れようと思っています。

八海山Rydeen PORTER

黒いビールの色と、ほんのり茶色を帯びた泡のコントラストが美しい。

香りは意外にさわやかな印象です。

味わい豊かで、後半心地の良いビターな味わいがひろがります。
思ったよりもさわやか。

まだまだ先ですが、暖かい部屋で窓をあけ
ちらちら降る雪を見ながら飲んでいたい
そんなことを思いました。

八海山Rydeen PORTER

十字懸垂しているようなサル
のラベルが目印です

2019年10月21日 | カテゴリー : 商品情報 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま