店内 ダーツゲーム 得点の結果です。

2月10日~25日まで
店内で
ダーツゲームを行いました。

結果は 次のとおりです。

8名の方々にご参加いただき
楽しんでいただいたようです。

3月も 開催いたします。

どうぞお気軽にご参加ください。

よろしくお願いいたします。

2018年2月27日 | カテゴリー : 伝えたいこと | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

サビ猫ロック というお酒が入荷しました。

ねこ好きにはたまらない
サビ猫ロック というお酒が入荷しました。

Processed with MOLDIV

蔵の愛猫がラベルのモデルとなっています。
猫と 音楽と 日本酒を愛するすべての人に捧げる
新しい感覚の日本酒です。

2月22日 にゃん・にゃん・にゃん
の猫の日に入荷しました。

2種類の お酒

 

ひとつは
さび猫ロック 赤さび



たかね錦というお米を使って
無濾過の びんにお酒を入れてかの火入れのため
フレッシュな味わいとなっています。

720ml 1,533円(税込)
新潟県 猪俣酒造

 

 

もうひとつは


さび猫ロック 黒さび

五百万石というお米で
これまた無濾過のびんにいれてからの火入れ
のフレッシュな味わいです。

720ml 1,717円(税込)
新潟県 猪俣酒造

蔵からの案内に
“オルタナティブ”
という難しい言葉が書いてありましたが
なんだか
時代の流れに捕われない普遍的なものを追い求める精神や、前衛的でアンダーグラウンドな精神を持つ音楽シーン、ということらしいです。

猫と音楽と日本酒 好きには
たまらない日本酒だと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

法律により未成年の飲酒は禁止されています。

2018年2月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

春の海を連想させてくれるようなお酒が・・・

OCEAN 99 特別純米酒
寒菊 (千葉県)

 

double nine 99

ってなに? と思ったら
九十九里のことなんですね。

といいうことは
オーシャン99は
九十九里海岸 ということなんですね。

大海原が目に浮かんできます。

雄町米の華やかなうま味を
しぼりたてのその場でビンに詰めた
「槽場直汲み」です。

口の中ではじける、微炭酸のフレッシュ感と
華やかさが、春の海を連想させてくれます。

720ml 1,404円(税込)

2018年2月21日 | カテゴリー : 商品情報 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

ゆきつばき 春の 純米吟醸原酒 生酒

が 入荷しました。

Processed with PICSPLAY

 

飯塚泰一杜氏が丹精込めてつくった
春の酒です。

低温でゆっくりと発酵させた原酒を
春にあわせてつくりました。

穏やかで上品な吟醸の香りと
生酒ならではの、奥深いうま味とコクを
お楽しみいただけます。

720ml 1,350円(税込)

 

2018年2月20日 | カテゴリー : 商品情報 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

お得意先の和食店のお知らせです

川口市前川にある

とうきちろう さんです。

 

和食の美味しいお店で

公私ともにお世話になっております。

 

イベントも、何度か一緒にさせていただきました。

 

 

昨日おじゃましたときに

気になるチラシがあったので、いただいてきました。

2月末までのコースだそうです。

<前菜>

蟹おひたし 鮟肝生姜煮 胡麻豆腐

<造里>

本鮪 寒鰤うす造り

<蒸し物>

すっぽんの茶碗蒸し

<焼き物>

鰆塩麹焼き かきタルタル

<肉料理>

和牛陶板焼き

<鍋物>

鱈・白子・魚貝 寄せ鍋

<食事>

雑炊

 

なんだか、たきさんあって

とっても気になりました。

 

詳しい情報は

お店の HP

http://xn--p8jau4f6a7q.com/

をご覧いただければと思っています。

 

とうきちろう さん

埼玉県 川口市前川3-7-2
048-268-1036

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

 

山形の酒 米鶴さんの杜氏渾身の酒が入荷しました

三十四(さとし)といいます。

34合の仕込みということなんですが

杜氏の須貝智(すがいさとし)さんの ”さとし” をとって

”三十四(さとし)” と名付けた酒です。

 

日本酒の仕込みで 三段仕込みという工程があります。

 

酒母である酒のもとをつくったあと

 

三回にわたって、仕込んで行く作業です。

三回といっても、四日間を費やすのですが

 

一日目 初添え(はつぞえ)

酒母に、麹 + 蒸米 + 仕込み水 を加え増量し

糖化と 発酵を行います。

 

二日目 踊り(おどり)

この日は増量せず、一日 お休みします。

 

三日目 中添え(なかぞえ)

二回目の 増量ということで

初添えの分量に、麹 + 蒸米 + 仕込み水 を加え増量し

糖化と 発酵を行います。

 

四日目 留添え(とめぞえ)

最後の増量として、麹 + 蒸米 + 仕込み水 を加え増量し

糖化と 発酵を行います。

 

このあと、約ひと月ぐらいかけて、ゆっくりと発酵をさせていきます。

 

この 三十四 というお酒は

杜氏さんの 渾身の思いの酒のため

あえて三段仕込みの最後の工程である 留添を 元旦の日に行っているのです。

 

杜氏 須貝さんの渾身の酒

米鶴 純米吟醸 三十四号仕込み が入荷しました

 

二種類あります

左が 生酒で

山形県 高畠産の「美山錦」を使用し「山形酵母」で仕込みました。

 

華やかな香りと

爽やかな味わいの純米吟醸酒です。

完全な生酒なので

フレッシュな味わいとなっています。

 

1800ml  2,916円(税込)

720ml  1,512円(税込)

 

右側は 三十四 の火入れ酒で

非常に希少酒です。

 

 

華やかな香りと

爽やかな味わいでありながら

やさしさを感じる

特別なお酒のため

「毎年、楽しみにしています!」

「仲間を囲んでの飲み会では飲み切ってしまう!」

などのうれしいお声をいただいています。

 

720ml 1,512円(税込)

 

元旦に仕込むことから

2018年の記念にもなるお酒

三十四

ぜひご賞味くださいませ。

 

法律により未成年の飲酒は禁止されています。

 

越生に行ってきました

越生(おごせ)は、梅で有名なところ

梅林があるというので行ってきました。

 

まだ ちょっと はやかったですかね?

 

かたいつぼみが、花咲く時をじっと待っているところでした。

 

それでも、なかには

小さく かわいい花を付けているものあり、心を和ませてくれました。

 

梅の木の下を見ると

小さく 黄色い花が

福寿草ですね。

 

寒い時期にでも、しっかり咲いててくれて

うれしいかったです。

 

生越梅林では、今週末から 梅まつりが開催されすそうです。

くわしくは

越生梅林梅まつり

http://www.town.ogose.saitama.jp/kankonavi/matsuri/umematsuri/

のホームページをご覧くださいね。

 

梅林の後は、佐藤酒造さんへ

こちらで、気になるお酒を3種類購入させていただき

敷地内の 梅を見に行ってきました。

こちらは、しっかり咲いていました。

 

日当たりがいいからなんでしょうか?

 

青空のもと

きれいな 花を見せていただきました。

 

 

 

 

 

 

甲子(きのえね)さんの 春酒が入荷してきました

昨夜から雪が降ってますね。

通勤や、移動をされる方はたいへんです。

どうぞ、お気をつけておすごしくださいませ。

そんな雪の中

千葉の甲子(きのえね)さんから、春のお酒が届きました。

春酒香んばし(はるざけかんばし)純米大吟醸です。

外の雪にめげず

ポッカポカの春が 店内に充満してきそうです。

味わいも

まろやかな甘さと、フレッシュ感がとっても美味です。

女性にぜひ飲んでいただきたい

春の大吟醸です。

1800ml 3,456円(税込)
720ml 1,944円(税込)

2018年2月2日 | カテゴリー : 商品情報 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま