試飲会にお出ししたお酒のご紹介です。

4月23日 日曜日
試飲会を開催しました。
その時のお酒のご紹介です。

弐乃越州
私の好きなお酒なので、一番初めに試飲していただきました。最初の一口ということもあったんでしょうが、「美味しい」とのコメントを数多くいただきました。とってもうれしかったです。蔵元は 新潟県 朝日酒造さんです。

久保田千寿
うちの柱商品となっているのが久保田の千寿です。「食事と楽しむ吟醸酒」というコンセプトのお酒なので、お食事のじますることなくスッキリ飲めるお酒でした。
蔵元は、新潟の朝日酒造さんです。

八海山 本醸造
蔵元に見学におじゃました時「いい酒」と「うまい酒」のちがいについてうかがいました。 この酒は「いい酒」いつまでも飲んでいられる酒。人生とともにある酒。です。
やわらかな口当たりと淡麗な味わい。
蔵元は、新潟の八海山さんです。

〆張鶴 純
蔵元は、淡麗辛口ではなく“淡麗うまくち”といっています。口に含んでみると、「なるほど!」とうなずけます。淡麗でありながらも、しっかりとした味わいをお楽しみいただきました。 蔵元は、新潟県の 宮尾酒蔵さんです。

琵琶のささ浪
手詰め中取り 無濾過純米酒
地元埼玉の地酒です。フルーティーな香りのひろがりと爽やかにしみいるうまさ、すっきりとしたのどごしのお酒です。コストパフォーマンスにもすぐれています。蔵元さんは、埼玉の 麻原酒造さんです。

まんさくの花MKX
Xの文字が強烈な印象を与えてくれます。ラベルのMK-Xとは「Mansaku Koubo project X」の略称で、通常使用しない酵母を使用し、新たな味にチャレンジするといったとっても楽しい日本酒です。 蔵元は、秋田県の日の丸醸造さんです。

加賀鳶 極寒純米
ここからは、ぐっとコクと旨味を感じるお酒。キレの良い辛口なんですが、米の旨味とコクが広がる「旨い辛口」です。蔵元は、石川県の
福光屋さんです。

最後は、龍勢 和みの辛口
口に含むと芳醇な米の香りが広がり食材の旨みを引き立て、キレのある酸が心地よく臭みや脂を洗い流してくれるような感じです。
最初はお酒の温度が低かったんですが、徐々にあたたかくなってくると、なかなかいいもんです。 ついつい、もうちょっと、もうちょっと、となってしまったお酒でした。
蔵元は 広島県の藤井酒造さんです。

ご参加いただき巻いた皆様、ありがとうございました。

2017年4月26日 | カテゴリー : 商品情報 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま