最新! まんさくの花 入荷しました。

季節のお酒 |

まんさくの花 季節限定商品
純米吟醸一度火入れ原酒
「杜氏選抜 星あかり」

杜氏が選んだしぼりたての原酒を
杜氏自らの監修のもと瓶詰をおこない
手書きのラベルで販売している
毎年 大人気の限定品です。
超希少米である「星あかり」からつくられる
純米吟醸は

口に含むと最初に力強い味わいが広がります。
その後、お米からくる甘みが余韻として残りながら
やがて す~っと 消えてゆきます。超人気の
「杜氏選抜 星あかり」

ぜひ お試しください。

720ml 1,728円(税込)


まんさくの花 季節限定商品

純米吟醸一度火入れ
「親子 米仕立」

親子とは、原料となるお米のことです。


山田錦 と 美山錦 との間に生まれた
美郷錦(みさとにしき)
この親子三人 を一つのタンクで仲睦まじく 醸してできたお酒です。

今年の 親子は
特に、深山錦 と 美郷錦とが
お互いに主張しあい
中辛口の 奥深い味わいとなりました。

普通ではありえない、親子3人の饗宴
「親子仕立」を ぜひ お楽しみくださいませ。

720ml 1,728円(税込)

2016年10月25日 | カテゴリー : 商品情報 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

浦和で久保田を美味しくいただいてきました。

昨日は、久保田をあつかう酒屋の集まりで、浦和にいっていました。

蔵元さんも2人参加してくださり

いろんな話をしてきました。

 

日本酒はブームといっても

総量は減少しているそうです。

 

海外では、人気があがっているものの

日本国内での消費量は減少。

 

がんばっている蔵元さんは多いけど

なかなかむずかしい状況のjようです。

 

若い人たちに もっと日本酒の 久保田の魅力を知ってほしい。

こんなに美味しい日本酒があるんだよ。

こんなに幸せな気持ちにしてくれるんだよ。

こんなに喜ばれるだよ。

そんなことを伝えていかなければ

国酒としての日本酒の未来は先細りになってしまう。

 

そんなことを思いました。

 

お酒は、楽しいもの。

私たちを幸せにしてくれるもの。

 

そんな日本酒 久保田を

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

米鶴 特別純米 亀粋(きっすい)

山形のまほろばの里 高畠町から

米鶴 特別純米 亀粋(きっすい)がとどきました。

kisuitokubetujyunmai

「亀粋」とは、お米の名前です。

 

むかし「夏子の酒」で話題になった幻の米がありました。

そののモデルとなったお米の名は「亀の尾」といいます。

 

この「亀の尾」をさらに進化させて作ったのが

「亀粋(きっすい)」というお米なのです。

 

幻の酒米として知られる「亀の尾」は山形県産の酒米で

米鶴酒造さんも 1983年から栽培に取り組んできました。

 

その栽培活動の中、亀の尾より大粒で日本酒の製造に

はるかに適した特性を持つ米の開発に成功しました。

これが 「亀粋」です。

 

「亀粋」で造ったこの酒は

芳醇な味わいでありながら、クリアー感あふれるキレのいい味わいに仕上がっています。

 

味わいがあって、軽快でスッキリ。

 

これが、米鶴さんの目指す酒だ!

と、米鶴さんがいっていました。

 

米鶴 特別純米 亀粋

720ml 1,512円(税込)

 

いちどお試しくださいませ。

2016年10月22日 | カテゴリー : 商品情報 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

旬の味覚と秋の酒とのコラボレーション。

約20人のご参加をいただき、楽しい時間をすごさせていただきました。

とうきちろさんは、とても美味しい料理と素敵な空間が、おすすめポイントです。

 

お食事や、記念日、会食にぴったりかと思います。
とうきちろうさんのHPは http://xn--p8jau4f6a7q.com/

 

ワインを楽しむ会 報告

10月19日 店内でワインを楽しむ会をおこないました。
使用したワインは、ブドウ品種でいうと

ピノノワール
マスカットベリーA
カベルネ・ソービニヨン
メルロ
の4種類です。

それぞれの特徴を確認しながら
あれやこれや・・・
と楽しい時間をすごさせていただきました。
1 左側の B というラベルのワイン。
DOMEAINE CHANZY です。

chanzy

世界のVIP セレブが虜になるブルゴーニュのワイン
2014キュヴェB(ベー)ブルゴーニュ ピノノワール

外 観 : 淡いガーネット
香 り : ラズベリー チェリー ほのかにスパイス香 丁子 シナモン
味わい: 甘みは弱く 酸味は なめらか~さわやか
シルキーな渋みを簡易

すっきり なめらか エレガントで、果実味があふれ奥行きのある味わい

 
2 右側の

misaka
御坂 マスカット・ベリーA
山梨県のワインです。

「果実風味豊かな口当たり」と、「凝縮感のある味わい」の赤ワインです。

外 観 : ふちに青みをおびた あざやかなルビー
香 り : チェリー ストロベリー ベリー キャンディー
味わい: 酸味はおだやかでなめらか 渋みはビロードのような心地よさ
さらっとフレッシュ & チャーミング なワインでした。

 
3 左側の

cefiro
ヴィニャ・カサブランカ セフィーロ カベルネ・ソーヴィニョン
チリ産のワインです。

外 観 : 黒みをおびたガーネット
香 り : 熟したプラム プルーン(ミキプルーン?)
樽からくる バニラ、ロースト、甘やかな香り
スパイス香として 丁子 シナモン
味わい: 甘み まろやか 酸味は 爽やか~なめらか
渋みは 豊かで 力強い

凝縮感のある、フルボディ。ふくよかな赤ワイン

 
4 左側の

2009シャトー・ケロンラルティーグAOCサンテミリオン
メルロ100%です。

snt-emillion

ボルドー随一のテロワールにおける4年のリサーチを経て、ヴィティスヴィンテージはサンテミリオンのケロンで第一歩を踏み出した。フレンチオークの樽で12か月熟成。ソフトなタンニンをともなうエレガントな味わい。レッドフルーツの香りを持ち、スパイシーで芳醇なワイン。

外 観 : ふちにほんのりオレンジ 黒みがかったガーネット
香 り : 黒い土 粘性を感じる香り ブラックチェリー ブラックベリー
味わい: ほのかに甘み 酸味はさわやか
渋みは力強く シャープさを感じる

爽やかで、タンニンのしっかり効いた スパイシーなフルボディの赤でした。
ワインって、むずかしいけど楽しい。
そんな一夜でした。

ご参加くださいました皆様
ありがとうございました。

次回は、ボージョレヌーボ解禁日に ヌーボの試飲会を開催しようと考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。

2016年10月20日 | カテゴリー : 商品情報 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

武蔵野純米吟醸入荷!

麻原酒造さんのフェイスブック見ていたら

素敵なデザインのお酒に巡り合えたのです。

Processed with PICSPLAY

 

このデザインにひと目惚れ

 

でも、入荷はままならなかったのです。

一部の限定的なところでの販売だったからです。

 

今回、営業さんのはからいで 少しだけ分けてもらうことができました。

 

武蔵野 純米吟醸 ブラックボトルは

埼玉県坂戸市産の山田錦を使用し

香りあり、うま味あり

それでもってスッキリしているなかなかの味わいです。

720ml 1,728円(税込)

 

武蔵野 純米権正 ホワイトボトルは

埼玉県産の さけ武蔵というお米を使用し

フルーティーな味わいが」特徴です。

720ml 1728円(税込)

 

ブラック & ホワイト で飲みくらべると

さらに楽しみが広がってきます。

 

パーティーや、自宅での飲み会

差し入れにお使いいただければと思っております。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

明日は、ワインを楽しむ会を開催します。

その予行練習で テイスティングをしました。

 

ネタばれしてしまうので

詳しくは、後日ご報告申し上げます。

 

 

2016年10月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

久保田の試飲会を開催しました。

久保田の蔵元 朝日酒造さんを招いて

久保田全種類を堪能しました。

20161016000

約 20人のご参加で楽しい時間をすごさせていただきました。

Processed with PICSPLAY

朝日酒造の松宮さん。

Processed with PICSPLAY

質問もわんさか出ましたが

さすが、造りをやっていただけあって

明快な答えを出してくれました。

Processed with PICSPLAY

ご参加くださいましたみなさま

ありがとうございました。

 

次回は 11月13日の開催です。

 

 

 

 

2016年10月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

母校を訪ねる

月曜日ということで、お休みをいただき

母校を訪ねてきました。

20160910

神奈川県平塚市にある東海大学です。

 

体操競技部に属していまして、当時キャプテンを任されました。

 

来年、体操競技部設立50周年ということで

当時のエピソードについて寄稿依頼がありました。

 

33年前のことです。

断片的に覚えていますが、どうも記憶がはっきりしていません。

貧乏学生の合宿所生活だったので、カメラをもっている仲間もおらず

記録写真もないくらいの昔です。

 

そこで、記憶を呼び起こそうと思い母校に行ってきたのです。

 

誰もいない体育館をながめ

目を閉じると、だんだんといろんな映像が見えてきます。

感情もわいてくるんですね。

 

あんなこと、こんなこと、そんなこと

いろいろありました。

その時は夢中だったけど、いまとなってはいい思い出ですね。

 

写真にも記録にもないこと

 

そこに行くことで、立ち現われてくるんですね。

 

悩むことより、行動することの大切さを、改めてしりました。

 

さあて、どんな文を書こうかしら?

 

 

2016年10月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

貴醸酒について

きじょうしゅ と読みます。

古くは、平安時代の延喜式に書かれているものなのですが

 

1973年 国税庁の試験所で開発されたお酒なのです。

 

国賓を招く 晩さん会では、フランスのワインが使用されていました。

ここに、高級な日本酒は使えないか?

ということで開発されたのだそうです。

 

フランスの貴腐ワインに対して、貴醸酒という位置づけなのでしょうか?

 

造り方は、清酒の 米・米麹・水に対して

貴醸酒は     米・米麹・清酒 でつくります。

 

清酒で仕込んだお酒ということですね。

特徴は、甘いお酒ということです。

 

相性の良い料理は

・フランス料理

・甘く味付けされた料理

・ブルーチーズ

・デザート

などとされています。

 

今回入荷した 貴醸酒には炭酸もふくまれていて

すっきり飲みやすくなっています。

 

動画でもご説明していますので

よろしかったらみてください。

よろしくお願いいたします。

 

2016年10月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま