秋といえば ”さんま”ですne

10月に入ったんですけど
まだまだ、暑いですね。

でも、確実に 秋です。

秋といえば ”さんま”です。

先日、美味しい さんま が食べたくて
魚焼き機を買ってきたんです。

昨年故障してから
ずっとフライパンで焼いてました。

でも、さんまことは、魚焼き機でないと・・・。

表面の焼き上がり
魚の中心部までしっかり火が通り
とっても美味しかったです。

 

その さんまに 合わせるとしたら
この酒以外には、今は考えられません。

なぜかといいますと

秋の あぶらののった
”さんま”とのマッチングだけを考えて
つくったお酒だからです。

徹底的に”さんま”にこだわっています。

”さんま”のあぶらと うま味に
お酒の うまみ と 酸味 が調和します。

ぜひ一度、
あたらしい秋の味覚として
さんまと ”さんま”と呑む 越路乃紅梅
の組み合わせを試してみてください。

”さんま”専用酒
”さんま”と呑む 越路乃紅梅
無濾過純米原酒(新潟県)

720ml 1,540円(税込)

 

※法律により未成年の飲酒は禁止されています。

店長, うなぎに合う酒の選考会に参加してきました。

「お酒によって鰻の味が全く違って感じられんですね!」

選考会に参加して
やはり、お酒と食とのペアリングは重要だと改めて実感しました。

サッカー解説者 松木さんのご実家でもある 鰻 近三さんにて

10種類のお酒をブラインドテイスティング。 常温でいただきました。

 

この会は「日本名門酒会」さんが2006年から行っている、14回目の審査会です。

夏の風物詩のうなぎと酒の「相性」を真剣に審査します。

参加者は日本名門酒会スタッフ、加盟酒店、漫画家のラズウェル細木さんの10名。

うなぎの蒲焼き と 10種類の日本酒を合わせました。

うなぎを口に含みながらお酒と一緒になった時の味の感じ方を評価していきます。

先入観などが入らないようにお酒はブラインドで行っていきました。

10種類のうち 上位にえらばれたのは次の3つです。

西の関 手造り純米酒(大分県)

「鰻と合わせた感想」
タレの甘さ、鰻の旨みがお酒
にうまく包み込まれる。
鰻が数倍美味しく感じられる
最高の相性。

「お酒だけのあじわい」
甘・酸・コクのバランスの良い旨口純米酒。
常温〜ぬる燗まで幅広く楽しめる。
720ml ¥1,231(税込)

 

はぎの露 生酛純米原酒(滋賀県)

「鰻と合わせた感想」
タレのコクと鰻の焼き目の香
ばしい香りに濃厚な酒の味わ
いがよくマッチする。鰻が
ジューシー感じる。

「お酒だけのあじわい」
熟成をしたような濃厚なうまみとカラメルのようなコク。
濃醇な味わいの生酛純米酒。
720ml ¥1,620(税込)

 

香露 特別純米(熊本県)

「鰻と合わせた感想」
鰻が持つ旨み(脂、皮目、肉質)がうまく引き出される。
鰻の繊細な味わいが引き立つ組み合わせ。

「お酒だけのあじわい」
厚みのある豊かな味わい。甘・旨味を感じるが、後味のキレもよい。
500ml  ¥926(税込)

 

今年の鰻は是非うな酒で合わせてみて下さい!

 

※法律により未成年の飲酒は禁止されています。

こんにちはきょうも青空で爽やかですね

とっても、清々しいです。

こんな日には、やっぱり清々しいイメージのお酒がのみたくなってしまうんです。

きょうは仕事なので昼間から飲むことはできませんが、ゴールデンウィークの休みの日に、青空のもとで楽しんみたいです。

甲子 純米吟醸 生
さわやかでフレッシュな甘みと
すっきりとした味わいです。

※法律により未成年の飲酒は禁止されています

2019年4月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

春を感じる

きょうは、あたたかな一日です。

そんななか、春を感じさせてくれる日本酒が入荷してきました。

 

ご予約をいただいているお客様で

ラッピングご希望の方がいらっしゃり

包装しています。

桜色の紙に

緑のひもで結んで

完成です。

 

春を感じさせてくれるお酒

桜日和

 

よろしくお願いいたします。

 

※法律により未成年の飲酒は禁止されています。

小さな星の物語 ”ASTARISK”

というお酒が入荷しました。

山形の酒蔵 栄光冨士さんの辛口純米酒です。

くせがなく後味のキレ味が最高の辛口酒で
星空が輝く宇宙のようにクリアーな
イメージのお酒です。

栄光冨士辛口純米ASTERISK

720ml 1,400円(税込)

2018年11月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

8月1日は 土用の丑の日です

うなぎの蒲焼にぴったりの日本酒たちです。

小容量がうれしい3本セット。

ちょっとずつ楽しむことができます。

ちなみに私のお気に入りなのは

真ん中の「はぎの露」コクと深い味わいが、

うなぎのうまさにぴったりに感じます。

180ml 3本セット 1,260円(税込)

2018年7月31日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

蔵元がつくった「酒粕からし漬けだいこん」です

宮城県の一ノ蔵さんの酒粕と宮城県産のだいこんのお漬物。

和からしのピリッとした辛さと純米酒粕の味わいがとってもいいんです。

 

まずは、お昼ゴハンにのせて、

 

夜は おつまみにしようと思います。

2018年7月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

司牡丹さんのセミナーに参加してきました。

右上でマイクをもっている方が、司牡丹さんの竹村社長さんです。

そして、左下のマイクをもっておられる方が、司牡丹さんの浅野杜氏さんです。

 

社長からは、歴史

戦国時代の創業で掛川の山内家とともに関が原の後 高知に移ってこられた。

坂本竜馬との深い関係で、竜馬の手紙も残っている

などの話をうかがいました。

 

そこで生み出されたのが、船中八策 というお酒です。

 

船中で 竜馬が未来に向けて考えた策

を この酒の題名にしたとのことです。

 

辛口でありながらも

深い味わいとコクをもち

いつまでも飲み続けられるという 飲み飽きのしない酒 です。

 

浅野杜氏さんからは、酒造りへの情熱をたくさんうかがいました。

 

心に響いた言葉は

「美しい酒を造る」

「そのためには きれいな酒を造る。その先に美しい酒がある」

と。

 

深いですね。

 

確かに、司牡丹は きれいで 美しい酒です。

その 美しさ には、 純粋で 清楚で 気品がありながらも、しっかりとした芯のある

美しさなのではないでしょうか?

 

言葉にするのは簡単です。

 

それを お酒で表現するというところに

浅野杜氏の芸術性というんdすか? すごいところがあります。

 

 

研修の後は、高知の食材で 船中八策をいただきました。

これは、塩カツオです。

川のところに 小さな白い点があります。

これが塩ですね。

 

皮のところに小さな切り身が入ってて

ここに、スライスしたニンニクを挟みました。

 

醤油を使わず

酢橘を ぎゅっとしぼって いただきました。

 

最高です。

 

ここに合うお酒は、やっぱり 司牡丹。

 

最高のマリアージュを体験してきました。

 

 

高知の酒。

坂本龍馬にゆかりのある酒。

私の大好きな友人の武村社長の酒。

 

司牡丹

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

ありがとうございました。

 

宗玄 純米 能登乃国 のお知らせです

石川県のお酒です

宗玄 純米 能登乃国 石川県 珠洲

日本海に突き出した能登半島の先端にある宗玄酒造。

能登杜氏の技が冴え、原料米にこだわり小さな仕込みで丁寧に丁寧に造った酒です。

山田錦の力強い米の旨味を引き出したキレのある純米酒

720ml 1,458円(税込)

2018年4月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま