志太泉

商品のお知らせです。

静岡のお酒 志太泉さんが入荷してきます。

志太泉さんは、静岡県藤枝市の蔵元さん。

名のごとく「志し太く泉のように湧き立つ酒を造りたいという願いを込めて「志太泉」と命名したと伝えられているそうです。

 

お酒の個性は、

仕込み水のやわらかさを活かした、立ち香と含み香で落ち着いた上品な香りがあり、爽やかで飲みやすく、複雑なうま味があり、後半のキレのよい酒で、

冷たくても温かくても心地よく飲める酒ですのでいろんな場面で楽しんでいただけそうです。

 

当店で扱うのは

 

清流のように、クリアーできれいな味わいで すっきりとした辛口の

志太泉 純米酒

 

上品で丸みのある味わいで

後半みずみずしいフレッシュな

志太泉 純米吟醸55藤枝誉富士

 

生酛づくりのイメージを変えるモダンな酒質を目指している興味深い

志太泉 純米吟醸 ラヂオ正宗

 

の3種類です。

 

詳しい情報は、また改めてお届けいたします。

地元のTVさんに取材していただきました

”魅つけて 川口戸田”

という番組でご紹介いただくということで

9時から撮影の方々がきてくださいました。

 

緊張しながらのコメントだったんですが

 

スタッフの人たちのきびきびとした動き

手際のよさ

レポーターの美しさ

など

どれをとっても私の眼には

「かっこいい!」

と思いました。

 

9時から 午後2時ころまでかかって

いろんな画像を撮っていただきました。

 

これを持ちかえられ編集に移るんだそうです。

 

撮影だけでも たいへんな仕事と思うのですが

編集などは、もっともっとたいへんなんだろうな!

 

ひとつの作品を作り上げるということは

たいへんな仕事なんだろうな

 

と、あらためて思いました。

 

スタッフのみなさん

きょう一日、ありがとうございました。

そして、お疲れさまでした。

 

 

東京の御徒町から

ワン醸造所 Book Roadさんが来てくださいました。

 

今回テイスティングさせていただいたワインは

ふたつ

 

左側の アジロン と 富士の夢(右)です。

Processed with MOLDIV

アジロンは鮮やかで明るい色をしています。

香りは、イチゴキャンディをおもわせるような

とってもチャーミングな感じです。

甘いかな? などと思いながら口に含んでみると

とっても爽やかですっきりとしています。

香りはチャーミング、味わいさっぱり辛口

ということでずっと飲んでいられる味わいです。

 

右側は、富士の夢というぶどう。

メルロと 山葡萄をかけ合わせて造った葡萄です。

色がとっても濃く、黒を感じさせてくれる赤いワインです。

味わいもしっかりとしてて

とってもいい感じです。

この色あいから想像できるように

ポリフェノールたっぷりの赤ワインです。

 

11月 になったら仕入れようと思っています。

八海山Rydeen PORTER

黒いビールの色と、ほんのり茶色を帯びた泡のコントラストが美しい。

香りは意外にさわやかな印象です。

味わい豊かで、後半心地の良いビターな味わいがひろがります。
思ったよりもさわやか。

まだまだ先ですが、暖かい部屋で窓をあけ
ちらちら降る雪を見ながら飲んでいたい
そんなことを思いました。

八海山Rydeen PORTER

十字懸垂しているようなサル
のラベルが目印です

2019年10月21日 | カテゴリー : 商品情報 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

昨夜は ぶりの照り焼きをいただきました

いっしょに楽しんだのは

埼玉のお酒 神亀さんのひやおろしです。

これをお燗でいただきました。

照り焼きの甘さと

燗酒のおちついた味わいが調和して

なんともいえない気持ちになってきました。

 

これから寒くなってきますね。

私の大好きな 燗酒 のシーズンがやってきます。

 

 

 

スペアリブと・・・

スペアリブと日本酒を合わせてみました。

スペアリブとの濃い味わいと 

一乃蔵 スパークリングの

クリーミーでさわやかな味わいは

 

抜群の相性でした。

一本義 さんの 秋乃 純米酒ひやおろし

をのんでみました。

フルーツ香りはみつかりません
カシューナッツや、栗のような
美味しそうな香りをかんじます。

やさしい甘味をほんのりと感じ
こくのある旨味へとつながって行きます。
あと味は、とってもきれいで
クリアーなイメージです。

透明感がありながらも
しっかりとした旨味が
すてきです。

焼き鳥の塩 に レオンをしぼって
七味をかるくふって
食べてみたくなりました。

福井県 一本義
秋乃 純米酒ひやおろし

720ml 1,540円(税込)

泉さんの 純米 無濾過 生原酒

を飲んでみたときの感想を書きます。


9月の問屋さんの展示会にて
秋の市
という特別枠で仕入れさせていただいた
日本酒です。

なので普段はあつかえない‥‥

泉酒造さんは、どこのお酒なのかというと
兵庫県神戸市御影というところ。


御影と書いて 「みかげ」と読みます

御影

ひゃ〜 懐かしい!

わたし 22歳から 24歳まで
御影のそばに住んでいたんです。
なので、朝 出勤のため 利用していた駅は 阪神御影。

なので、と〜っても懐しくかんじました
(昔の風景が浮かぶ‥)

脱線してしまいまた^_^;

では本題です。

香りは、やわらかな印象
白桃や、かすかにバナナの香りや
ほんのりサワークリームのような
香りを感じます。

口に含んだ印象は
最初 やや強く感じます。
これは 無濾過生原酒 のアルコール17%
からくるパワーでしょうか?

でも、ほんのりピチピチとした気泡を感じ
心地よいです

まろやかな甘みが 旨味へと変化し
さわやかな酸味が長く持続してくれ

さわやかだけど 旨味もしっかり感じる
辛口の酒
とわたしには感じました。

しっかりとした旨味は
無濾過だからでしょうか?

なんか とまらなく いつまでも楽しんでいたい

そうそう 私だったら

テレビ・ドラマを見ながら


ピザや チーズをとともに


のんびり楽しみたい

泉 純米 無濾過生原酒 です

720ml  1,375円(税込)

2019年10月10日 | カテゴリー : 商品情報 | 投稿者 : 酒屋の あさひやま

秋といえば ”さんま”ですne

10月に入ったんですけど
まだまだ、暑いですね。

でも、確実に 秋です。

秋といえば ”さんま”です。

先日、美味しい さんま が食べたくて
魚焼き機を買ってきたんです。

昨年故障してから
ずっとフライパンで焼いてました。

でも、さんまことは、魚焼き機でないと・・・。

表面の焼き上がり
魚の中心部までしっかり火が通り
とっても美味しかったです。

 

その さんまに 合わせるとしたら
この酒以外には、今は考えられません。

なぜかといいますと

秋の あぶらののった
”さんま”とのマッチングだけを考えて
つくったお酒だからです。

徹底的に”さんま”にこだわっています。

”さんま”のあぶらと うま味に
お酒の うまみ と 酸味 が調和します。

ぜひ一度、
あたらしい秋の味覚として
さんまと ”さんま”と呑む 越路乃紅梅
の組み合わせを試してみてください。

”さんま”専用酒
”さんま”と呑む 越路乃紅梅
無濾過純米原酒(新潟県)

720ml 1,540円(税込)

 

※法律により未成年の飲酒は禁止されています。

寒菊 電照菊LED 超限定おりがらみ 無濾過生原酒

寒菊さんの 超限定なおりがらみです。

純米大吟醸の おりがらみ無濾過生原酒


っていうから、魅かれるポイントがたくさんですね。

さっそくグラスに注いでみると

おりがらみらしく、かすかに白くみえます。

酒蔵見学にいったときのような、麹の香りがしてきます。
それとですね、白桃のようなおいしそうな香り・・・

フレッシュで上品な甘みから
さわやかな酸がひろがり、バランスのとれた
純米大吟醸のおりがらみです。
余韻は長く、くつろいだ時間をすごすのには
最適なお酒ではないでしょうか?

寒菊(千葉県)
電照菊LED
超限定おりがらみ 無濾過生原酒

1800ml 3,410円(税込)
720ml 1,859円(税込)

※法律により未成年の飲酒は禁止されています。